海外旅行フィリピン編:ブスアンガ島のコロンってどんなとこ?コロンタウンの紹介

前回の記事では2つのコロンがあること、ブスアンガ島への行き方について紹介しました。

今回の記事では、ブスアンガ島に何があるのか紹介したいと思います。

 

ブスアンガ島について

まずは、ブスアンガ島について。

パラワン島の北部に位置し、カラミアン諸島最大の島になります。カラミアン諸島というのは、パラワン島北部に位置する島々のこと。

第二次世界大戦中には、日本が占領しており、この周辺の海では日本軍の戦跡が見ることができます。

ブスアンガ島への行き方については、こちらの記事をご覧ください。

 

www.kaz-u-happytravellife.com

 

 

■ コロンタウン

エルニドを早朝に出て、ブスアンガ島のフェリーターミナルに昼前に到着(フェリーのスケジュールでは10時頃到着予定でした)。

f:id:KAZ-U:20180927070738j:plain

コロンタウンは、ブスアンガ島からフェリーの発着地でもあることから、国内・海外からも観光客が訪れており、ブスアンガ島で最も栄えている場所です。個人的に海外からの観光客は、エルニドと比べると若干少ないように感じました。

まずは、トライセクルにてブスアンガ島で、最も栄えるコロンタウンの中心地へ移動します。

f:id:KAZ-U:20180926065649p:plain

フェリーターミナルにはこのようなトライセクルが待機しており、簡単に移動することができます。

コロンタウンでは、飲食店を始め、ダイビングショップ、お土産屋、カフェ、マッサージ店が立ち並んでいます。

f:id:KAZ-U:20180926072418p:plain

f:id:KAZ-U:20180926072210j:plain

コロンタウンにある店は、意外と店を閉めるのが早く、夜店に行こうと思ってもほとんど開いてませんでした。買い物なんかは後回しにせず、早めに済ませておくのがいいかもしれません。

 

ブスアンガ島で二番に高い山、タピヤス山へ

ブスアンガ島で一番目につくのが、このモニュメント。

f:id:KAZ-U:20180927070838j:plain

アメリカのロサンゼルスにある「HOLLYWOOD」のモニュメントのように、「CORON」とタピヤス山の山頂に書いてあります。

タピヤス山は容易にハイキングできるため、近くでこのモニュメントを見ることができます。

f:id:KAZ-U:20180914223701j:plain

こう見るとあまり伝わらないのですが、草の背が高いです。この角度からモニュメントを見るため、草を掻き分けこの場所まで来るのが結構大変でした。

早朝のモニュメントもまた、昼と空の色合いが異なり綺麗に見えました。

f:id:KAZ-U:20181001095817j:plain

タピヤス山は標高210メートルの小さな山ですが、山頂からの景色はとてもよく、ブスアンガ島近辺の島々を見渡すことができます。

f:id:KAZ-U:20180927071332j:plain

自分は朝と昼過ぎに行きましたが、それぞれ景色が違うのでどちらもオススメです。

f:id:KAZ-U:20180927071905j:plain

タピヤス山はブスアンガ島で二番目に高い山と言われてます。綺麗に舗装された階段を登ることができるので、手頃にハイキングに行ける場所でした。

コロンタウンには、このような看板があります。

f:id:KAZ-U:20181001101337j:plain

山の登り口まではトライセクルでも行くことができます。

ぜひコロンタウンに行かれる際は、タピヤス山へハイキングに行ってみてください。 

■ フィリピンにも温泉が!?Maquinit温泉

ブスアンガ島には、日本のように天然の温泉があります。

なんでここに温泉があるのか、タピヤス山が火山なのかどうなのか友人と話しました。

温泉まではトライセクルで向かいました。向かう途中街の景色はガラッと変わります。道も舗装されておらず、ガタガタ道をトライセクルに揺られながら進んで行きます。

f:id:KAZ-U:20180927073513j:plain

温泉入口の料金所で料金を支払い、中に入ります。料金は200ペソ、日本円では420円程度(2018年9月28日現在)

海外の温泉なんて初めてだったので、どんなものなのか楽しみです。ご存知の方も多いと思いますが、海外では温泉に入る際は水着を着用するため、水着が必須です。まぁ温泉プールみたいな感じですね。

f:id:KAZ-U:20180928070440j:plain

日本では、みんな裸で温泉に入るのが普通ですので、水着を着て温泉に入ることにやや違和感を抱きながら入浴。

f:id:KAZ-U:20180928070808j:plain

f:id:KAZ-U:20180928071214j:plain

湯加減は丁度良かったです。足元に結構砂利があって、そこが若干気になった程度。

温泉が周りがマングローブに囲まれ、海に面していることから、景色も最高。

f:id:KAZ-U:20180928072024p:plain

かなり満足することができました。

ただ、ホテルへの帰り道は、また舗装されていない道を戻らなければなりません。トライセクルが砂埃を巻き上げながら戻ったため、結局汚れました。帰ってシャワーを浴びました。

 

■ マーケット市場

ブスアンガ島の海に面した一角にはマーケット市場があります。

ただ、商業施設のように特に整備されているわけでなく、赤土の上に屋台やアイランドホッピングツアー、ダイビングショップといった各店が並んだ感じです。

多くのツアーボートがとまってます。 

f:id:KAZ-U:20181001100725j:plain

f:id:KAZ-U:20181001100657j:plain 

海に面していることから綺麗な夕日を見ることができます。

f:id:KAZ-U:20181001100439j:plain

夜になるとこのようなギャンブル?のようなものが行われてました。写真中央の銀の容器に卓球ボールを入れ、どのトランプの上に止まるか?を賭けているようでした。

f:id:KAZ-U:20181001100308j:plain

ここはどちらかと言うと、ブスアンガ島に居住するローカルの人達の溜まり場?的なような場所で、観光客はツアーに向かう人やまた帰って来る人くらいで、このマーケット市場で食事をする人などはあまり見かけませんでした。

 

■ まとめ

今回はブスアンガ島のコロンで自分が訪れた場所をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

わりとコロンタウン周辺に観光を楽しむことができる場所があって、手軽に外に行くことができます。トライセクルをどこでも捕まえることができますので、移動に利用すると便利です。ぜひ行かれてみてくださいね。

次回はツアーについて書きたいと思います。一読いただき、ありがとうございました。